年齢肌が気になっちゃうのよ!!
TOP PAGE > 肌にダメージを与える乾燥。秋冬や時節の変わり目

肌にダメージを与える乾燥。秋冬や時節の変わり目

肌にダメージを与える乾燥。秋冬や時節の変わり目は肌年齢が進みやすいので、気をつけている人は多いようです。
特に影響が出やすいのは目の周囲で、皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)の分泌量が少ないため乾燥の影響を直接うけてシミやシワが出やすいですし、乾燥して過敏になり腫れてしまうこともあるのです。

そうなる前にスキンケアを見直しましょう。目の周囲には通常のお手入れのほか天然オイルを使うと良いようです。

肌に浸透するバニシングタイプと肌の上で守ってくれる通常タイプのオイルがあるのでベタつきや使用感を考慮して、ピッタリのものを選ぶのがコツです。肌は肝臓の窓だと言えます。
肝臓の役割として、ご飯や呼吸によって体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、人体にとって無害な物質に変えていくのです。

肝臓の働きが阻害されると、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。
肝臓を健康に保つことが、お肌の健康を維持するキーポイントなのです。

毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。
たばこを吸うと身体に色々な悪影響があるのですが、毛細血管を収縮させるのもその一つです。
そのせいで毛細血管の先々まで栄養が行き届かなくなり、老廃物の排出も滞ります。


酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。真皮もその機能を落としてしまいます。
このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。

喫煙(最近では、どんどん価格が上がっているため、止める人も増えてきました)の肌への害を考えると、やはり禁煙を御勧めしたいところです。


顔を洗うときに熱湯で洗うと肌にとってなくてはならない皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)まで取り去ってしまいますし、すべて洗いきれていないとトラブルの原因として乾燥肌やニキビが起こってしまうので注意することが大切です。洗顔後は、直ちに惜しみなく化粧水を優しく顔に当て吸収させ、絶対に乳液を塗り、水分が出ていかないようにしてちょうだい。
かなり乾燥しやすい目の周りや口の周りは、少しだけ多めに化粧水、乳液を塗るようにします。シミなどの色素沈着が生まれつきあって、お悩みの方は身近にいると思います。小さい頃に、治ることはないと診断をうけたかも知れませんが、皮膚科の最新治療をうければ、全く跡が残らないとは言えなくても、メイクで隠せるくらいに薄くすることはできるはずです。
もし、シミやアザ、紫斑などをずっと気にしているのなら、専門医に相談することをお勧めします。


また、シミやアザを目たたなくした体験談を治療に役立ててちょうだい。年をとるごとにお肌がたるんできたなと感じるものです。


そう思ったら、お肌の保湿ケアをしっかりやって、クリームなどでセルフマッサージをして、たるみがなくなるように努めましょう。

それをやってみるだけでも、とても変わってきますので、ちょっと面倒くさくてもやってみることを是非お勧めします。お肌を第一に考えるためにも、洗顔する際には髪の毛との境目などの落とし忘れの多い部分まで、すすぎのこしの無いように洗い流しましょう。洗い流したアト、タオルを使いやさしく押さえるようにして水分を取り去ります。万が一にも、強く押し付けることはしないでちょうだいね。いうまでもなく、きれいなタオルを使うのが、望まれます。


スキンケアは念入りにおこなう方なのですが、その最中にとあるインスピレーションを得ました。それはこういうものでした。柔らかい質の肌にはしわも中々できにくいのではないでしょうか。
年々深まる目の周りのじわやほうれい線がなんとかならないものか、と思っていたのですが少し前から炭酸パックをはじめてみて、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころには細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。
アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢を意味するもので、若返りと間違っている人も多いのですが、、単純な若返りとは違い歳を重ねるのを遅らせ、実年齢より若く見せるという考え方の方が正しい考え方です。現在アンチエイジングと言う物は、基礎化粧品だけではなく、サプリおよびホルモン治療の世界にまで進歩しています。



そももも、一人一人肌の質は異なっています。普通の肌、乾燥肌、敏感肌など、いろいろな肌質がありますが、その中でも、お肌が敏感な人は、どんな肌のお手入れ商品でも適しているとは言えません。もしも、敏感肌用以外のスキンケアの品を用いてしまうと、肌によくない影響を与えてしまうこともあるので気にかけましょう。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 年齢肌が気になっちゃうのよ!! All rights reserved.